プログラマーになるには?…【無料カリキュラム】はコチラ!

“プログラマー”になるための『完全無料プログラミング研修&就活塾』

こんにちは、レコメンドスタイルの横山と申します。

今回は、子ども達の憧れの職業としても人気急上昇!

プログラマーになるには?……どうすればいいのでしょうか。

そんな方に、是非、お勧めしたい【ProEngineer(プロエンジニア)】という『完全無料プログラミング研修&就活塾』をご紹介したいと思います。

【ProEngineer】を利用すれば、プロクラミング未経験の方でも無料でプロのプログラマーになれますので、どうぞ参考にしてください。

プログラマーとは?

プログラマーになるには、最終的にはプログラミングを扱っている会社に就職する必要があります。

最近は、個人でWEBのプログラミングの仕事を受託しているプログラマーも多いですし、また自分発信で携帯のアプリを開発している人も多いです。

これらは、専門的な学校に行かなければ身に付かないというように思っている人も多いのですが、それはどちらでも良いのです。

学校のようなところに行っても良いですし、行かないで個人で学習しても問題はありません。

今どきは、情報自体はネット上でも多くのことを得ることができるので、家で学習できます。

プログラマーの勉強は、特に個人で勉強しやすいというメリットがあります。

このことは、学校などに行って学ぶにしても、自分で勉強するという姿勢は非常に重要になります。 全部、人が教えてくるというものではありませんからね。

プログラマーの資格は?

プログラマーに資格は不要です。

客先常駐の会社では、資格を持っている人を優先的に取る場合がありますが、それにはある理由があります。

その理由は、客先にはエンジニアがいない場合があるので、その際に資格を指標にするということです。

要するに、資格を持っている社員のほうが高い単価で客先に送り込むことができますし、評価が高くなるということです。

自社開発がメインの企業の場合は、資格を重視しない場合が多いでしょう。

資格自体が業務に直接的に関係がないことをプログラマーの多くは知っていますし、それをやるのであれば、個人でもなんらか手を動かした方が良いということです。

基本的にプログラマーになるには作って調べて、作って調べて……というように、試行錯誤してシステムを作成していくことが重要なのです。

プログラマーの仕事は?

プログラマーの仕事は、プログラミングとテストがメインになります。

開発現場では分業体制を取るのですが、システムエンジニアとプログラマーを明確に分けているプロジェクトもあれば、なんとなく一緒になっている感じのプロジェクトもあります。

その二つが明確に分かれている場合には、プログラマーはプログラミングとテストの工程を行います。

システムエンジニアが書いた設計書を元に、WEBのプログラミングを行いそのテストを行うという流れになります。

そして、システムエンジニアの作業を兼ねている場合には、要件定義や設計書作成の工程に参加する可能性もあります。

プログラマーも年季が入れば、だいたいは設計書の作成も行います。

この設計書はエクセルで作成する場合がほとんどなのですが、この作業の方がプログラミングよりも上位とされます。

プログラマーになるにはインターノウス運営の【ProEngineer】がお勧め!

プログラマーになるには独学でも良いのですが、それより確実性を求めるなら【ProEngineer】をお勧めします。

【ProEngineer】を利用すれば、プログラミングの実践から就職の斡旋までしてもらうことができるからです。

しかし、ここで重要なことは、結局は自分が勉強するということです。

これは単に【ProEngineer】に行って学習すれば良いということではなく、何をどう身に付ければ実際に会社で働けるのかということを自分でも考えるということです。

それを考えたうえで、【ProEngineer】の講師に質問するなどのようにやっていけば高い効果を期待できます。

実際に会社でプログラマーとして働く際には、細かいロジックなどは当然自分で考える必要があり、わからなかったら自分で調べたりする場合が多いでしょう。

そして、働き出してからも新しい技術を学ぶ必要があります。

プログラマーになるには?…【ProEngineer】をお勧めする理由【その1】

~未経験でも正社員就業率96.2%!~

では、なぜプログラマーになるには【ProEngineer】がお勧めなのか?

もう少し具体的にみていきましょう。

まず第一に、【ProEngineer】は高い就職率を誇っていることが挙げられます。

数値的にみても、未経験でもプログラマへの正社員就業率は96.2%と高い数値になっています。

これは、【ProEngineer】の教育が良いというのもあるのですが、そもそもIT業界に就職するのは未経験でも難しくはありません。

この辺に関しては、ネットでも調べることが可能ですが、そもそも業界自体に人手不足が蔓延しているのです。

プログラマーになるには、プログラミングをやっている会社を受けることとを上述しましたが、それはその通りで、なんとなくプログラミングを知っているレベルでも、複数受ければ受かることでしょう。

しかし、このような場合にも会社に入ってから割と必死に勉強する必要があり、大変な状態になります。

ですので、最初に【ProEngineer】のようなところで学び、さらに学んだことを活かしてより良い会社に入るということをお勧めしてるのです。

プログラマーになるには?…【ProEngineer】をお勧めする理由【その2】

~全て無料で勉強できる!~

【ProEngineer】は全て無料で勉強できるということで、これは最大の魅力でもあります。

未経験者を指導し、企業に入れることで企業からお金をもらっています。

だから無料でも成り立つのです。

このことからもなんとなくわかるでしょうが、IT業界は人不足なのです。

会社に未経験者を入れますが、教育する人がいないという場合も多いです。

みんな納期に追われて開発をしているため、教育している場合ではないというような状況になっているのです。

この場合には、早い段階で開発現場に行って、試行錯誤しながら頑張ることになります。

周りも忙しくて聞けないし、ネットや本を読んでもわからないという状況にわりと陥ることになるので、【ProEngineer】で学んでおくことをお勧めします。

ただし、プログラマーになるには勉強不足でも入れてもらえますが、自分が苦労することになりますので、その辺はしっかり心得ておきましょう。

プログラマーになるには?…【ProEngineer】をお勧めする理由【その3】

~実際に制作できる!~

【ProEngineer】では、実際に課題を与えられてプログラミングします。

というよりは、プログラマーになるには実際に開発しなければ意味がないというくらいの感じです。

パソコンがあれば開発環境も無料で入れることが可能なので、その辺の指導からやるでしょう。

最近は、特に開発環境がわかりやすくなっているので、ネットで書いてあるように適当に設定すればそのままプログラミングをして、ツール上で仮想的に実行することができるようになっています。

このような状況であれば、完全に独学でやってもプログラマーになるには問題ないのではないかと思われるでしょう。

実際、それでも問題はないのですが、【ProEngineer】で講義を受けることにはメリットがあります。

それは自分でプログラミングをしていて詰まった際に質問をできるということです。

プログラミングに関する質問力もつくというわけです。

プログラマーになるには?…【ProEngineer】をお勧めする理由【その4】

~実践型の勉強法が導入されている!~

実践型の勉強法というのは、要するにシステムを作ってみるということです。

プログラマーになるには、最初は簡単な計算をするものを作ってみたりというところから始まりす。

例えば、じゃんけんの手を入力したらランダム変数で返したり、あとは図形を表示するループを作ったりという感じでしょう。

これらのロジックは半分パズル的なところがあり、実際の開発現場でのプログラミングよりもある意味難しかったりします。

開発現場でやるようなものは知識メインですが、ロジック遊びのようなものはループの作り方や判定のロジックの基本の知識だけでできるのですが、思いつかなければ完成しないというようなものです。

実際にプログラミングをしてみるとわかるでしょうが、2進数レベルのシステム的なことは何もわからなくてもプログラムが動きます。

こういったこと、実は開発現場にいても知らない人は多いです。

プログラマーになるには?…【ProEngineer】をお勧めする理由【その5】

~就職支援が充実している!~

仕事としてのプログラマーになるには、今はネットから簡単に企業を受けることができますが、企業の数が多いので、どこを受ければ良いかわからないということになります。

また、面接に行っても中のことまではまったくわからないので、結局入社してみて困るという可能性もあります。

【ProEngineer】は就職の支援もしてくれるので、この点は安心でしょう。

就職先に迷うという可能性が減ります。

しかし、なんでもかんでも任せていて思考停止していると失敗します。

あくまでも自分の就職なので、必ず自分で調べて考えるということをしなければなりません。

これをしないで、【ProEngineer】などの機関に完全に任せていると失敗します。

これは就職後も同じで、業務は振られますが、詳細については自分で調べて考えて進める必要があります。

プログラムはわからない点が多いので、特にそうなります。

プログラマーになるには?…【ProEngineer】をお勧めする理由【その6】

~優良企業へ就職できる!~

【ProEngineer】ではせっかく就職を支援したのに辞められてしまったという状況を避けるために、なるべく優良な企業を紹介するようにしています。

ですので、世間でブラックと言われるような企業はありません。

そのような企業を紹介してしまうと【ProEngineer】の評判が悪くなるので、絶対に避けたい状況でしょう。

【ProEngineer】は未経験の人をプログラマーになるように指導し、その人たちを企業に入社させることによって収益を得ています。

ということは、印象が悪くなって人が集まらなくなれば収益にならないということになります。

IT企業は常に人手不足なので、いろいろな企業で人を募集しています。

そのため自分で企業を探そうとすると、どこを受ければ良いのかわからなくなります。

特に中小企業はネット上に情報も少ないので迷うことになるでしょう。

プログラマーになるには?…【ProEngineer】をお勧めする理由【その7】

~有名企業で有給インターンの体験が可能!~

また、【ProEngineer】では、有給のインターンが体験できるというメリットもあります。

プログラマーになるために、お金をもらって勉強もできるということで、かなりお得ではあります。

プログラマーの仕事自体もプログラミングが好きで勉強しているひとからすれば、お金をもらいながら勉強できて一石二鳥ということになるのですが、インターンでそれを一時的に体験するというのはたいへん有意義です。

プロのプログラマーになるには、そういった経験は非常に役立つのです。

そして、おそらくは自分で学習することが重要ということに気づくでしょう。

仕事自体があっても、それに対する説明をすべて人がやってくれるというわけではないです。

ざっくりと依頼されて、詳細は自分で調べて考えて試行錯誤です。

そして、最初はベテランの慣れている人などのロジックの処理が無駄な部分が多いというようなことを言われ、そして改善していくということです。

まとめ

結局のところ、プログラマーになるには、もっとも重要なことは環境ではなく学習意欲です。

現時点ではプログラミングの知識がなくても、プログラミングを学んでいくという意志があり、さらに実践しようとしていれば、全く問題ありません。

そして、当たり前ですが、学習に関しては主体的にやっていくということです。

研修を用意してくれる機会があったとしても、それを活かして自分で学習しなければもったいないですし、研修の内容だけでは当然足りません。

自分でなんのスキルが必要なのかということを選定し、それを身に付けることです。

そのためにはIT業界全体の技術動向を調べ、需要のあるものや自分の興味のあるものを実際にコーディングしてみましょう。

これらはすべてパソコン一台で完結するので、状況に関係なく自分が学ぶという姿勢が大切なのです。


公式サイト

プログラマーになるには!…無料カリキュラム【ProEngineer(プロエンジニア)】はコチラへ


■LINK